一人旅でロシア・ハバロフスク観光!

一人旅でロシア・ハバロフスク観光!

日本から一番近いヨーロッパと言われるロシア。意外と東京から飛行機で3~4時間で行ける場所にそんなところがあるなんて気づかないですよね。韓国や台湾はよく行くのに同じくらいの時間でヨーロッパの町並みが見れるのに。

今回はそんな日本から一番近いヨーロッパと言われるロシアの中でも飛行機で3~4時間あればついてしまう極東ロシアのハバロフスクに訪れた時のお話をしていこうと思います。

世界一周を終えて、1年間のブラック企業生活で身も心も擦り切れた元バックパッカーがとりあえず短期間で行ける場所でリハビリのために選んだ街・ハバロフスク。

一体どんな街なのでしょう。

極東ロシアの街・ハバロフスク情報

今回はロシアの中でもハバロフスクについて実際旅で訪れたときの情報をいれつつお話します。

ハバロフスクのロシアビザ事情

旅でも旅行でも少し面倒なのがビザ。ロシアはビザがいる国でも有名です。なんでもロシア人が入国する時にビザがいらない国ならビザが解除されるという話もあるので、日本とロシア双方でなにかしらあるのでしょう。

ただそんな中、日本から近いウラジオストク・ハバロフスク、そしてサハリンはビザが緩和され、電子ビザを取るだけで入れます。厳密には以下の条件があるようです。

  • ウラジオストクに降り立って、最大8日間ウラジオストク周辺だけで過ごす
  • ハバロフスクに降り立って、最大8日間ハバロフスク周辺だけで過ごす
  • ユジノサハリンスクで降り立って、最大8日間サハリンだけで過ごす

ですので、ハバロフスクだけ行く場合は電子ビザだけで十分です。電子ビザはここから取れます。

ただ注意点としてシベリア鉄道に乗りたくて、ウラジオストクからハバロフスクに電車で移動する場合や逆の場合など同じ極東ロシアでも別の町に移動する場合はビザを取らなくてはなりません

ロシアビザの簡単な取り方やシベリア鉄道のチケットの取り方はこちらに書いています。

極東ロシアって寒いの?ハバロフスクの服装

ロシアと行ったらもう寒いイメージとウォッカのイメージしかありません。実際に僕が訪れたロシアの街はモスクワ・サンクトペテルブルク・ペトロザヴォーツク・ハバロフスク・ノヴォシビルスクです。

すべて8月の半ばに訪れていますが、ハバロフスクでもやはり夜は羽織るものがあったほうがいいです。曇りだと昼でも少し肌寒いことがあるので薄手のシャツとパーカーがあればなおいいと思います。

半袖だけだと若干寒いかもしれません。現地の人も夜にはジャケットを来ている人が多めでした。

教会広場
IMGP0912

お盆に2泊3日の弾丸で組んでみた。
飛行機が遅れてついてハバロフスクについたのは夜。
それから飛行機で席が隣だった子とバスで市内に向かい、まずはその子がとっていた日本人に有名なホテルにその子を送っていった。

それからその子とご飯を食べて、別れて自分のホテルに向かったはいいものの場所がわからない!
MapMeのアプリで地図をダウンロードしておくのも忘れるくらい、旅から遠ざかっていたことを痛感した。
ただ、ホテルの場所をWIFIをどうにか見つけてググったもののいまいちわからない。現地の人は英語が全く通じず、そもそも人気も少ない(笑)
ロシアってイメージこわくて、夜はひたすらビビったな(笑)

そのとき若いカップルに話しかけなんとかホテルに電話をかけてもらい、オーナーに迎えに来てもらった。
ホテル名バレンシアミニホテル
そのオーナーも英語が通じなかったけど、なぜかのスペイン語が通じてラッキー!(名前的に通じそうだけど)
オーナーも最初こわばった顔をしていたけど、話が通じることがわかってにっこり。やっぱ言葉って大事だよね、すこしだけロシア語会話の本読んでいったけど、全くダメだった(笑)
でも言葉通じないのはそれはそれで旅って感じがしてうれしかったのもあったな。
ここは2泊で5500円くらい。シングルルームで。

ホテルの場所は日本でいう団地の中にある感じでホテルという感じではなく、見つけにくいのも当然だった。2泊3日だし素直にホテルにしておけばよかったと後悔。

次の日、飛行機の席が隣だった子と合流して、あいにくの天気の中朝から歩き回ってみた。暗くてよくわからなかったけど、やっぱりヨーロッパの街並み!
IMGP0930

でもなんでだろ、人気があまりない(笑)

中央食品市場

IMGP0942
IMGP0941

あんまり大きな市場ではなかったもののロシアの生活ってかんじも感じられて面白かった。
あんまり変なものは置いてなかったけど、この葉っぱなんだろ・・・

変容大聖堂

IMGP0952


小さなでも存在感のある教会。
玉ねぎ型の教会はロシア正教系に多いのかな?

ハバロフスクといえばアムール川なので、せっかくだから川下りに

IMGP0978
IMGP0999

なぜかロシアの国旗で曇りがよく似合うと思う。

そして夕方になるとぞくぞくと人がアムール川沿いにくる。
IMGP1041

ロシア人は散歩が日課だって聞いたことがあるけど、ほんとみたい。仕事が終わって、学校が終わって、家族と、友達と、恋人と、ひとりで、散歩しに来る。

IMGP1033

2泊3日じゃあぜんぜん見回れてないけど、飛行機でわずか4時間。
韓国と同じくらいの時間でこれるヨーロッパはなんか新鮮だった。

IMGP1047_1
IMGP1052
IMGP1058

教会はやっぱライトアップがきれいだったな。
見回れてはないけど2泊3日くらいがちょうどいいハバロフスク。
アジアに飽きたけど、ヨーロッパに行く時間がない人にはぜひおすすめの街。

スカイスキャナーの航空券比較 でハバロフスクへの航空券を見る